声優オーディションの一般公募~その実態とは?

声優として活動していきたいと考えている人や実際に活躍している方は、高校卒業後に専門学校に進学したり事務所の養成所に入るという事例が多いです。

ただ全員が2つの方法のうちどちらかを経たとは限らず、中には時折行われる声優オーディションの一般公募に応募し、合格した上で声優としての一歩を歩み始める人も居ます。

つまり声優の専門学校に進学せず大学や短大に進学したり、就職という道を選んだものの、声優になりたいという希望を持っている人の場合、オーディションで審査員の方々に良い印象が与えられ一目置かれることができると合格し、憧れを現実にする事ができます。

もちろん、一般公募なので門戸が広く開かれているからこそ多くの人々がオーディションに参加しており、既に過去に基礎を習得した経験がある実力者の数も多いです。

ですが、オーディションが行われる会場には審査員と共に映像関係者など、声優が携わるクリエイティブな現場で活躍している方々も訪れています。

そのため、オーディションの一般公募に参加している参加者達が既に高い実力を有しているとしても、あなたの声や表現力などが現場に身を置いている業界の方々の目に留まれば、たとえ審査員の方々の評価とは異なったとしても、後日合格の連絡を頂く事も稀有ではありません。

当然、一般公募は既に専門学校に通学していたり養成所に入っている人も受ける事ができ、専門学校に通学していたり養成所に入っている人が一般公募を受けると、自らの手で進路の選択肢を広げる事ができるという利点があります。

通常、専門学校に通学していると専門学校に来ている事務所の求人に応募して事務所に入るなど、元来学校側と関係性が深い事務所の中から入る事務所を決定するという事例が多いです。

言わずもがな養成所の場合は養成所を開いている事務所に入る事になるため、専門学校と養成所では双方において選択肢が固定化されやすく、参加する作品も各事務所の特色に沿った作品となります。

そこで声優オーディションの一般公募を受け合格するとあなたの希望や能力、声に合った理想の現場で活躍できます。

まとめると、専門学校・養成所⇔事務所という枠の中で決められたオーディションを受け合格した場合でも、あなたの目指す声優としての方向性と合致するかどうかわかりません。
せっかく合格しても、与えられた仕事をこなしていくうちに「なんか違うな」と感じる人も多いようです。

そんな時に自分の考えている声優像と方向性が近い事務所のオーディションに参加する人も多いみたいです。

言い方を変えると、オーディションに合格し仕事を始めたとしても、常に声優という仕事のビジョンを明確にし、それに近い仕事を勝ち取る為には一般公募のオーディションなどを活用するしかありません。

そのことがこの仕事を続ける上でモチベーションを維持する一番の方法だと思います。

声優と言っても幅広いお仕事ですからね。。。

 

コメントを残す