オーディションで年齢オーバーしてても応募できるか!?

このサイトでいろいろオーディションを見て検討してくれているあなた。

ボーカリストであれ、俳優であれ、ダンサーであれ、オーディションには「年齢制限」があると思っている人も多いのではないでしょうか。

実際、「アイドル」や「タレント」などの中には低い年齢設定をしているオーディションも存在しています。

ですが、「年齢不問」と謳っているオーディションも多くあります。
そうは言いながら現実的には「年齢制限」をしていると思われるオーディションも多いのかもしれません。

「年齢不問」という謳い方。
裏を返すと「年相応の実力を兼ね備えていること」を前提に「年齢不問」と謳っているのです。
ですので、ある程度年齢がいっているのもかかわらず、それなりのキャリアがないと当然のことながら合格するのは難しい訳です。

その「年齢に見合った実力」とは職種やその会社ごとで違うのでしょう。
これは一般社会でも当てはまることですね。

逆にオーディションを通過するということは「年齢<実力」が条件となるわけです。
もちろんこれは即戦力の場合で、将来性が見込まれる場合は「年齢=実力」「年齢>実力」でも合格できるかもしれません。

ただし、オーディションに応募する場合は応募条件がありますので、まずはその中の「年齢制限の有無」を確認しなければなりません。

大手レコード会社は軒並み「年齢不問」と書かれています。
これは実力重視ということの表れだと思いますが、キャリアに自信のある方には何歳でもチャンスがあるわけです。

また〇〇歳までと書かれているオーディションも多いです。

どうしても応募したいオーディションがあり、運悪く年齢制限に引っかかる場合、±2~3歳くらいであれば、そのことを正直に申し出て、更に年齢ハンデを上回る熱意をアピールし、更にさらに年齢を超えた魅力をあなたにはあると審査員が判断すれば、オーディションに参加できるかもしれません。
そんな例はいくらでもあります。

±2~3歳ではおさまらない、でもオーディションに参加したいあなた。

以下カテゴリーごとの年齢制限を列記してみました。

あなたの年齢に合ったオーディション選びの参考にしてもらえたら嬉しいです!

①歌手・音楽アーティスト 新人発掘オーディションプロジェクト 

その特徴は・・・
・書類選考なしで対象者すべての方がオーディションに参加できる!!

・履歴書・写真不要のオーディション!!

・音楽経験も問いません。初心者も歓迎!!

・オーディションのハードルは低いけど、有名音楽プロデューサーが直接審査してくれる

・オーディションに関わるプロデューサーとして、有名アーティストのサウンドプロデュースや作曲、編曲を多く手掛けてきた方や、有名アーティストに作品提供をしてきた音楽プロデューサーを起用!

・一人一人と真摯に向き合い、オンリーワンのプロデュースをしていくオーディション

・もちろん参加費もかかりません!!

・専門学校でもプロダクションでもない第三の歌手になる道

・個性、やる気、歌が好き、という熱意重視のオーディション!!

・オーディションを経てプロジェクト参加後は、音楽プロデューサーの面談から始まり、オリジナル楽曲、レコーディング、CD制作、音楽配信サイトでの配信開始、LIVE出演などのバックアップ体制が用意されています。

・オーディションは福岡のほか東京・大阪でも開催!!

・学校でも、プロダクションでもない第三の歌手への道。それがこのプロジェクト!!

・オーディション合格者だけが手にできる豪華9大特典あり!!

・専門学校や養成所といったところでは受けられないリアルなコンテンツを提供!!

・充実したバックアップ体制でアーティストとしての基盤を作っていきます!!

詳しくは下の写真をクリック↓↓↓

MUSIC PLANETボーカルオーディション2018

☆その他のオーディションのご紹介!!☆

①アーティスト(ボーカルなど)部門
15歳以上
・ゲットドリームオーディション

30歳まで
・ピンナップスアーティストオーディション

35歳まで
・あなたの芸能界デビューを完全サポート!新人発掘オーディション2018

年齢制限なし
ソニーミュージックオーディション
ワーナーミュージックオーディション
バードランドミュージックエンターテインメントオーディション
キングレコード オーディション
VICTOR MUSIC AUDITION
ビルボードレコーズオーディション
リンガックス・レコードオーディション
イドエンターテインメントオーディション
株式会社AMAX MUSIC/A-MILLION RECORDSオーディション
ソルブレイド新人アーティスト募集!
ベルウッドオーディション
マジック・ワンオーディション

②楽器演奏
年齢制限なし

・ノイジックス・エンタテインメントオーディション

③タレント部門
35歳まで
◆期間限定◆今ならオーディション書類選考を免除!【YStar Produce 新人発掘プロジェクト】

40歳以上
・40歳以上の新人を対象とした「エイジレス部」

④作家
年齢制限なし
STARDUST MUSICオーディション

⑤音楽制作全般
年齢制限なし

・音楽制作会社ピクニック外部スタッフ大募集!

オーディションの応募で気を付けたいこととは・・・

受けたいオーディションは決まったけど、応募にあたって気を付ける点はなにかな?
このサイトであなたにあった「オーディション」が見つかり、さあ応募、となったところで、ちょっと待ってください・・・

応募の段階でオーディションは始まっているのです。

ということは、この段階で落とされることも多いという現実があります。

では応募の段階でどのような事に気を付けたらよいのでしょうか?

応募の形式はWEBでの応募と郵送による応募がほとんどだと思います。

どちらのパターンでも以下の項目を提出するのが一般的です。
☆住所、氏名、連絡先、家族構成などの個人情報
☆自己PR
☆音源
☆動画
☆写真
など。

問題は「自己PR」と「写真」「音源」「動画」。

自己PRの書き方
「音楽が好き」や「熱意」「やる気」など抽象的な文言はNG。
もっと具体的に。例えばアーティストの〇〇が好きなことを具体的な事例を交えて書くこと。
またこの好きなアーティスト名を書くことは、応募者の音楽の方向性を審査員が知るうえで重要な手がかりとなるので、ぜひ記入してみてください。応募者とオーディションの音楽の方向性が合致するかを推測する側面もあります。
無理をせず本当に好きなアーティストを書くようにしましょう。
そして先ほど書いたように、「好き」を具体的にアピールしてみてください。好きになったエピソードや実際に好き過ぎてどんな行動をとったかなど。

余談ですが・・・
当たり前ですが、字はきれいに書きましょう。あまりに汚いと応募者の品性を疑われます。
下手でも丁寧に書けばそれなりの字になりますよ。気持ちを込めて書くようにしましょう。
オーディション用紙を何通も書いているとつい疎かになりがちですが、オーディションに受かるための第一歩という気持ちは忘れずに。いつも新鮮な気持ちで書くようにしましょう。

またオーディション用紙に質問などの項目に分かれている場合は空白を作らず、すべて埋めるようにしましょう。真剣味が伝わります。
ただし、だらだら書かず端的に表現するようにしましょう。読む方の立場に立つとだらだらした文章は読む気持ちが失せてしまいます。審査員は何十、何百と用紙を読んでいるのですから・・・

だいたいオーディションの書類選考で言われているのは10割のうち通過するのは1割~2割と言われています。ということは8割~9割はこの段階で落とされてしまうのです。
ささいな事でも気にしながら書くようにしましょう。
例えば郵送で書類を送る場合、応募用紙を折らずに送る工夫とか、デモテープを送る場合、そのまま封筒に突っ込むのではなく緩衝剤で包んで送るとか・・・担当者によっては気遣いのできる人と少し評価も上がるかもしれません。

写真について
顔写真については素の自分を出すようにしますが、上半身や全身の写真では、服装にも気を使いましょう。
オーディションの種類にもよりますが、人前に出る職業ですから服装のコーディネイトの良さをアピール出来ればプラスの材料になります。
逆に”ダサい”恰好はそれだけでマイナスになりかねません。
また写真の背景にも気をつけてくださいね。

音源(デモテープ)について
音楽スタジオかカラオケボックス、自宅での録音などが良いでしょう。

自宅での録音方法
用意するもの
・CDプレーヤー(ミキシング機能付き)
・マイク
・歌いたい曲のカラオケトラック

歌いたい曲のカラオケをCDで再生しながらマイクをラインでつないで歌い録音する流れ。
マイクを固定してマイクから20~30センチ話して歌いましょう。
ただ自宅では声を大きく出しにくいと思うので、その場合は音楽スタジオやカラオケボックスなどを使いましょう。

カラオケボックスでの録音方法
最近のカラオケボックスは自分の歌をCDに録音できるところもたくさんあります。
ネットで録音できるカラオケボックスを探し、カラオケボックスではスタッフに詳細を確認しましょう。

音楽スタジオでの録音方法
音楽スタジオでもレコーディングはできます。
本格的にレコーディングを行っているスタジオもありますので、そういうところを探しましょう。
その流れは・・・
①担当エンジニアとの打ち合わせ

②担当エンジニアによる機材セッティング
③録音開始

各スタジオでレコーディングプランが用意されています。

例えば
レコーディングブース使用1時間3,000円のところもあれば14,000円のところもあります。
エンジニアが稼働した場合も14,000円のところもあれば70,000円のところもあります。
使用する機材やエンジニアの質などにより料金も大きく変動します。

「プロコース」などプロ並みの機材とスタッフで本格的に録音してもらえるところも多くあります。

最初は安いところで試し録音してみて、使い勝手や音質を向上させるために料金プランを上げていくのが無難な使い方だと思います。

録音を重ねると使い方やスタジオの良し悪しの見分けもついてくるのだと思います。

例えばこういうところです。↓
ボーカルレコーディングスタジオ

最終的には専門のスタッフが常駐していて本格的な機材を揃えている、また録音プランも豊富に用意されている音楽スタジオが一番おすすめです。
ちょっと費用はかかってしまいますが、本格的な録音が可能ですし、一度録音したら何度も使えますしね。

オーディションを受ける前に知っておくこと

①オーディションによってはなぜ書類選考がなく、直接会ってくれるの?
一人ひとり多くの人と会うのは主催者側も大変じゃないの?

⇒普通に考えられるのは、応募する人が多くないということが挙げられると思います。
大手レコード会社のオーディションやメジャーなグループのメンバー募集なんかは結構な数の応募があるでしょうから、なかなか一人ひとりと会うということはできないと思います。

その点、知名度の低い会社やグループのオーディションは応募者の限定的で全員と会う、という事も可能なのかもしれません。

またその場合、応募者の個性(キャラクター)を見てみたい、と考え全員と会うようにしている主催者もいると思います。

書類やデモテープだけではわからないところ(キャラクターなど)を発掘するのもオーディションですから。

実際、音楽性はイマイチだけどキャラクターを売りにして活躍しているミュージシャンやグループも存在しています。

どの仕事もそうですが、本業のスキルはイマイチでも、それ以上に人間性を重視して採用されることも多いです。

ですので、アピールできる『個性』を持っている人は、競争率の高い大手レコード会社のオーディションやメジャーなグループのメンバー募集を敬遠して全員と会いますよ、って謳っているオーディションは狙い目かもしれません。

全員と会う!オーディションは⇒⇒⇒⇒

踏み出すなら、今だ【新人ボーカル発掘オーディション】

充実のサポート体制。名古屋でアイドルやるならアイドル教室

大人カワイイがコンセプトのアイドルユニット新メンバー募集

あなたの芸能界デビューを完全サポート!新人発掘オーディション2018

40歳以上の新人を対象とした「エイジレス部」

ミュージックバンカーボーカリストオーディション

②プロの世界でやりたい音楽を続けられるの?
営業的な面から方向性の変更を余儀なくされるの?

⇒ボーカリストであれバンドであれ、これまで自分のやりたい音楽を追求してきたと思います。
その先に、もっと多くの人に聴いてもらいたいなどの欲求が生まれ、路上ライブであれ、ライブハウス出演などを行ってきた人も多いと思います。

ただそれだけでは限界がある。路上でもライブハウスでも、それ以上なかなか前に進めない・・・

他の方法はないか・・・となった時に『オーディション』という選択肢が生まれる訳です。

ただし、そのやってきた音楽が世の中に求められている音楽なのか?
営業的に成り立つ音楽なのか?

そこの部分をオーディションでは審査する側の意識に働きます。

もちろんあなた自身も、レコード会社なり新規プロジェクトのオーディションなり、所属するアーティストやプロジェクトの中身をよく知り、自分のやりたい音楽の方向性に近いオーディションを選ばなければなりません。

しかしそんなオーディションであなたのなかにある才能を見抜き、このジャンルより別のジャンルの方が良い、という判断する会社もあるかと思います。

そのことを前提にしてオーディションに合格することもあるでしょう。

後は双方での話し合いという事になると思います。

頑として自分の音楽の方向性を貫きたいのなら違うオーディションなりを考えないといけないですし、『これが今の世の中で売れるジャンル』や『あなたはこのジャンルの方がふさわしい』などという説明に納得し、審査側の意向に沿う、というのも一つの方法だと思います。

いずれにしても、営業的な面(売れるかどうか)から音楽の方向性を変更させられる事はいくらでもある事例です。

それに対しあなたがYESかNOのどちらの選択肢を選ぶか、いうこと。

普段からどんなジャンルでどのような音楽、活動をしたいのかしっかりビジョンを描いておくことが②の質問の答えとなります。

③合格後のレッスンはどうなるの?
費用負担は自分持ち?

⇒まずレッスンについては合格後、たいがいの会社は行っていると思います。
ボーカルでもダンスでも俳優などでも、合格者であってもすぐにプロとして通用するとは限りません。
合格者にはそのプロで通用するためのレッスン、プロ仕様のレッスンを受ける権利を与えられるとも言えます。
自社でレッスンスタジオを設置していたり、スクールを運営しているところもあります。


レッスンにかかる費用については、ケースバイケースです。
オーディション参加費用は無料でも、合格後のレッスンは合格者が費用を負担するところもあります。レッスン費だけでなく、その後のプロモーションにかかる費用を負担しなければならないケースもあります。
金額が大きいところもありますが、応募の段階で金額のわかるケースはなかなかありません。
オーディションが進行していく中で会社側からオーディション後の費用負担について明確に説明するところもありますが、説明がなくその辺を心配される方はオーディションの進行の中で聞くようにしましょう。

傾向として割とメジャーで大きなオーディションの場合は育成ということで合格者には会社(主催者)側が費用を負担してくれるパターンが多いと思います。
その分競争率も激しいと思いますが・・・・

いずれにしても聞きにくい事項ですが、合格後にもめない為にもお金の心配のある方はきっちり聞くようにしましょう。

オーディション用封筒の書き方について

オーディション用の封書に入れる書類については、[オーディションの応募で気を付けたいこととは] のページで紹介させて頂いていますが、封書の表面の書き方について悩まれている方もいると聞きました。

封書の表面って宛先の住所と会社名かオーディション名や運営事務局などを書きますよね。

その時に、「御中」、「様」、「各位」などどれを使うか迷ったことありませんか。

通常は、会社や組織宛には「御中」を使い、個人宛には「様」を使います。

よってそのオーディションの運営者が会社の場合は、〇〇会社 御中
オーディション名しかわからない場合は〇〇オーディション ご担当者様
運営事務局は個人ではなく組織ですので、〇〇運営事務局 御中
と表記します。

送り先が会社・組織なのか個人なのかで『御中』と『様』を使い分けます。

裏面にはあなたの住所、氏名を記載するのが望ましいでしょう。

もちろん字はきれいに書きましょう。字が下手、と自認されている方も、できる限り丁寧に書く努力をしましょう。

担当者は封筒の中身のエントリー用紙や音源、写真などを一生懸命評価してくれますが、それ以外に封筒の表面や中身に書かれているあなたの字を見て性格などを判断するかもしれません
やはり適当に書いたな、思われないよう下手でも一生懸命書いたと思われる字を書きましょう。

あと、返信用封筒が手元にある場合、たいがい「〇〇会社宛」と印刷されてますよね。
その場合は「宛」を消して「御中」や「様」にするのが常識です。
線で「宛」を消し書き直しましょう。

これらの書き方については、一般の会社などでも同様ですので、ぜひ覚えておきましょう。

履歴書や封筒などは書きたくない!!というあなたのために・・・

履歴書・写真不要のオーデョション!!

歌手・音楽アーティスト 新人発掘オーディションプロジェクト 

その特徴は・・・

・書類選考なしで対象者すべての方がオーディションに参加できる!!

・履歴書・写真不要のオーディション!!

・音楽経験も問いません。初心者も歓迎!!

・オーディションのハードルは低いけど、有名音楽プロデューサーが直接審査してくれる

・オーディションに関わるプロデューサーとして、有名アーティストのサウンドプロデュースや作曲、編曲を多く手掛けてきた方や、有名アーティストに作品提供をしてきた音楽プロデューサーを起用!

・一人一人と真摯に向き合い、オンリーワンのプロデュースをしていくオーディション

・もちろん参加費もかかりません!!

・専門学校でもプロダクションでもない第三の歌手になる道

・個性、やる気、歌が好き、という熱意重視のオーディション!!

・オーディションを経てプロジェクト参加後は、音楽プロデューサーの面談から始まり、オリジナル楽曲、レコーディング、CD制作、音楽配信サイトでの配信開始、LIVE出演などのバックアップ体制が用意されています。

・オーディションは福岡のほか東京・大阪でも開催!!

・学校でも、プロダクションでもない第三の歌手への道。それがこのプロジェクト!!

・オーディション合格者だけが手にできる豪華9大特典あり!!

・専門学校や養成所といったところでは受けられないリアルなコンテンツを提供!!

・充実したバックアップ体制でアーティストとしての基盤を作っていきます!!

詳しくは下の写真をクリック↓↓↓

MUSIC PLANETボーカルオーディション2018

 

オーディションで特技って何書くの?その例を紹介!

オーディションにおける「特技」を披露する場面とはどのような時でしょうか。

まずファーストコンタクトとしての応募用紙や履歴書に書く「特技」欄。

また実際に二次、三次審査の中で特技を審査員の前で披露なければならない場面に遭遇するかもしれません。

「特技」って「特別の技能」という意味ですので、そんなの持ってないよ、という人の方が多いのかもしれません。
ではなぜ「特技」の欄があるのでしょうか。

この「特技」というのは、審査する側があなたの価値観を計るためのものだと考えます。

ただ、難しく考える必要はありません。

特技を持ってない、という人がほとんどでしょうから、あれば尚良し、くらいの感覚で考えてみましょう。

ただし、何も書かないのはやる気を疑われます。

何か書きましょう。

資格などは資格欄がある場合はそこに記入しますが、もし資格欄が無いのであれば、「資格」を書くのも良いでしょう。
ただし、その資格を取るに至った背景を簡単に書いておきましょう。
あなたの前向きさをアピールできるかもしれません。

資格などが無い場合は、例えば音楽系のオーディションなら「楽器が弾ける」をアピールするのも良いです。上手い下手は関係ありません。
楽器を演奏できるというのは、音感やリズム感を養うのに役立ちますし、将来音楽的に伸びるかも、と審査員に思ってもらえるかもしれません。

また特技がこの「楽器演奏」というのであれば、面接審査の中でも披露できます。
この場合は審査員をお客様だという意識で、楽しませるような気持ちとサービス精神が大事。
下手でも一生懸命、そして「おもてなし」の気持ちで演奏することを心掛けてください。

その他の例として
・「人を笑顔にすることが得意」
・「人を笑わせることが得意」
・「人を楽しませることが得意」
・「几帳面で掃除が得意」
・「ねばり強い、忍耐力がある」
・「ウォーキング(体調管理が得意)」
・「アイデアがある」
・「どの年代の人とも話を合わせられる」
・「集中力がある」
・「好きな事を徹底的に調べる」
・「大勢の人の前で話せる、自分の意見が言える」
・「初対面の人でも物怖じしない性格」
・「ネットを使って情報発信ができる」

・「行動力。思い立ったらすぐに行動に移せる」
・「野球を10年間続けてきた」
・「計画的に行動できる」
・「決まっていたことも臨機応変に柔軟に対応できる」
・「小さいことにこだわらず、失敗からすぐに立ち直れる」
・・・・・・・・・

考えるといろいろ出てくると思いますが、受けるオーディションによってその分野に
なるべく役立つ「特技」を書きたいものです。

あまり関係の無い「特技」だと興味を持たれないかもしれません。

また、その「特技」を裏付けるようなエピソードも簡単に紹介しちゃいましょう。
イメージが審査員に伝わりやすいと思います。
前向きに取り組んだ結果〇〇ができるようになった、とか現在〇〇に取り組んでいる等・・・
「ポジティブな自分」をアピールすることに「特技欄」を使うようにしましょう。

ただ特技が、その審査の合否に影響するかというとあまり合否に左右される項目では
ないと思います。

披露できるような特技があればなお良し、といったところでしょうか。

人には無いインパクトのある特技があれば、審査員の評価に影響するのでしょうが、そんな人はなかなかいません。

上述したように「特技」欄についても審査する側がその「特技」を見て、あなたの過去や現在の気持ち、生活態度、また将来のビジョンが伝わるようなモノを記入しましょう。

 

オーディションの服はどんなのがいいの?

書類審査を通過し、いざ二次審査でオーデション会場に向かうことになりました。

さてどんな服装を着ていけばいいの?

気合を入れて普段とは違うおしゃれな服装が良いのでしょうか。それとも音楽系オーディションですからそれなりに奇抜なファッションが良いのでしょうか。
悩むところですよね。

またオーディションですので、服装にもあなたのファッション性が表れている、と審査員が考えるというのも忘れないでください。

そんな以外と難しい服装選びですが、結論でいうと「普段通りまたはあなたが好きなファッション」をするのが一番です。

オーディションだからと言って無理に普段着ないような買ったばかりの服や奇抜なファッションをすることはありません。

あなたが普段ジーパン、Tシャツで過ごしているならそのままの格好で良いでしょう。

それだけで十分です。

普段と違うファッションだとあなた自身が落ち着かない気分となるかもしれませんし、審査員もあなたの常日頃のファッション性を見たいと思っているはず。

ただし清潔感は必要ですので、そのあたりは気をつけるようにして下さい。

また服装によってはよれよれではなく洗い立て、アイロン掛けした洋服で行くようにしましょう。

また服装の好みは自由でも、会場で浮かないよう最低限服装の色組み合わせを覚えておきましょう。

色組み合わせを間違えるとちぐはぐな浮いた奴になってしまいますよ。

まず、避けた方が良い色の組み合わせ。

①同じような明るさの色組み合わせ
暗い色同士だとあなたの雰囲気まで暗く感じられるかもしれません。
また明るい色同士だとメリハリがなくぼんやりした印象になってしまいます。
⇒ということは、明度の違う色で組み合わせるのがベスト!!

②色相環で向かい合う色は「補色」といい、派手な印象になってしまう
この補色を選ぶと落ち着かない印象となってしまうので避けた方が無難です。

③色が多すぎるコーディネート
柄物シャツと色物のズボンというような・・・・派手ですよね。
ゴチャゴチャした印象になってしまいます。
色は全体で3色以内、というのが基本のようです。

④上下同じ色のコーディネート
全身同じ色ってなんかへんですよね。
スーツならまだしもこのパターンはメリハリがなく避けた方がよさそうです。

これらを意識した服装選びをしましょう。