Sponsored Link
                                                                                                                     

【近道は?】芸能界に入る方法を3つ紹介!!

スポンサーリンク
芸能界の入り方


芸能界といっても様々な職種があります。
歌手、俳優、声優、モデル、女優など・・・

その入り口になるのは主に以下の3つになります。
①オーディション
②スカウト
③芸能専門学校(養成所)

そのほかに人によってはコネ(縁故)という入口があるかもしれません。
コネはないよりあった方が有利だと思いますが、どちらにしても実力がないと
入ったあと苦労することになります。

その苦労は別の入口でも同じかもしれません。

スポンサーリンク

オーディション

芸能プロダクションの多くは随時オーディションを開催しています。
その募集ジャンルはプロダクションにより違ってきますが、主に歌手、俳優、モデル、声優、
お笑い芸人などが多いです。
最近ではyou tuberなんかも募集ジャンルとして確立されつつあります。

大手芸能事務所の随時募集オーディション 2022

随時募集の他に、期間限定のオーディションも開催されています。
これは作品ごとや夏休みだけとかといった期間が決まっているオーディションです。
例えばこれです。
第45回ホリプロタレントスカウトキャラバン実行委員会
ゼストプロジェクト 特待生オーディション2022

どちらにしても大手芸能プロダクションの開催するオーディションは合格率が極めて低く、
ここから芸能界に入っていくのは至難の業です。
ただし大好きな芸能人がいて、どうしても一緒の事務所に入りたい!という人はチャレンジして
みてもよいかも。
その事務所の雰囲気が分かるかもしれません。
書類選考を通過すれば、ですが・・・

また弱小の事務所や設立して日が浅い事務所などは合格率も上がる傾向にあります。
大手に負けまいと将来輝く原石を血眼になって探していますので、アピール次第で
合格も近づくことになります。
事務所と一緒になって成長したい!と思える人はこのような事務所のオーディションを
受けるのもよいかもしれません。

スカウト

スカウトはご存じの通り街中などでスカウトマンが直接声掛けをするパターンです。
芸能事務所の中にはスカウトを中心に人材発掘を行っているところも多いです。
ではスカウトされやすい場所はどこでしょうか。
東京では原宿、渋谷など若年層が集まる場所にスカウトマンが出向くケースが多いようです。
大阪でも同様に梅田や心斎橋あたりに現れるようです。

スカウトはオーディションと違い、場所や時間を特定するのは難しく、運次第というところも
ありますが、会社によってはSNSでスカウトに関する情報発信をしてくれているところも
あります。
例えばコレです。
【トップコート 】事務所の期間限定オーディション!

トップコートは大手の芸能プロダクションで菅田将暉や佐々木希などが所属しています。
これは「オーディション」となっていますが、街中で声を掛けるスカウトの形を取っています。
ただしスカウト活動場所はSNSで発信されており、場所などを特定しやすいかもしれません。

またスカウトですのでオーディションのようにアピールする場面もありません。
プロダクションのスカウトマンのお眼鏡にかなった人だけに声がかかりますので、
こればかりは待ちの姿勢でいくしかありません。

スカウトマンが出没する可能性の高い場所を選んで行動するとひょっとしたら声を掛けられる
かもしれませんね。

芸能専門学校(養成所)

芸能界に入る方法の3つ目は芸能専門学校(養成所)に入ってデビューを目指すという方法です。
養成所には大手のプロダクションが経営しているところもあります。
また芸能界に強いパイプを持っている養成所もあり、どうせならそのような養成所を選びたい
ところです。

大手プロダクションの経営する養成所

例えばホリプロインプルーブメントアカデミーは大手芸能プロダクション「ホリプロ」が経営する
俳優・タレントの養成所です。
ここの卒業生として石原さとみや中尾明慶などがいます。
ホリプロインプルーブメントアカデミー

養成所に入っても必ずデビューを約束されたわけではありません。
養成所でいくらレッスンをし、サポートがあったとしても、実力が無ければデビューまで
辿り着けません。
逆に言うと実力があれば、このような芸能界に強いパイプを持つ養成所に在籍することで
デビューが現実のものとして考えられるようになります。
デビューへの近道になるかもしれませんね。

大手芸能プロダクション

芸能系専門学校(養成所)

もう一つ芸能系の専門学校を紹介します。
芸能界を目指している人の間で有名なテアトルアカデミーです。
この『テアトルアカデミー』に興味を持たれている方も多いようで、ネットにも様々な情報が
氾濫しています。

この学校は全国にあるこのような専門学校の中でもTOP10に入るマンモス校の一つです。
また「赤ちゃん・子供タレント」の学院というイメージがあり、実際にテレビや映画で
活躍しているテアトルアカデミーのタレントは子供タレントが多いように思います。
ですが40歳以上のタレントも多く所属しています。

では大手のプロダクションとテアトルアカデミーのような芸能系の専門学校の違いとは
どのようなものでしょうか。

大手プロダクションオーディションと芸能系の専門学校(養成所)オーディションの違い

2つ挙げるとするなら、合格率と合格後のレッスン費の有無です。

ほとんどの(大手)芸能事務所はオーディション合格後に行われるプロになるためのレッスンや事務所に所属するための費用は発生しないのに対し、芸能系の専門学校はオーディション合格後のレッスンには費用がかかるというのが大きな違いです。
もちろん芸能事務所と違ってテアトルアカデミーなどは専門学校なのだから入学金や授業料がかかってくるのは当たり前といえば当たり前なのですが・・・

ではこの2パターンのオーディション合格率はどうか?

芸能事務所は特に大手で有名人がわんさか所属しているようなところは前述したように合格率は
極めて低いと考えられます。
対して芸能系専門学校はそれらに比べると合格率も高いと言われています。

テアトルアカデミーのオーディション

例えばテアトルアカデミーにおいても実際オーディションに落ちている人もいるので、
誰でも合格!というわけにはいきません。

テアトルアカデミーの場合は一時審査と二次審査が行われているようです。
一次審査は書類審査、そこを通過すると二次審査に呼ばれます。
二次審査ではグループ面接・実技テスト・カメラテストが行われているようです。
今現在の上手い、下手を見るためのものではなく、あくまでも将来性の有無を確認するための
審査とのことです。

カメラテスト

ネットに出ている口コミはレッスン内容や入学金、学校の雰囲気などについて、良くない噂(真実?)もありますが、こればかりはその人の主観的な考えによることも大きい部分でもありますので、参考程度に留める、どうしても引っかかるのであれば止めておけば良いし、実際テアトルアカデミー所属のタレントさんがテレビや映画で活躍しているという事実もあります。

なかなか芸能事務所のオーディションに受からない、という時にはこのような芸能系の専門学校も芸能界でデビューする選択肢の一つかもしれません。

テアトルアカデミーについてはこちら↓

テアトルアカデミーとは・・・

☆1980年に設立された総合芸能学院。
☆関東を中心に10の校舎を持つマンモス校。
☆学院の業務としては、「タレント養成」「出演斡旋」「映画・放送・CMなどの企画制作」など。
☆学院に用意されているコースも『赤ちゃん部門』『キッズ部門』『ユース部門』『シニア部門』とカテゴリー分けされており、レッスン数も100前後となっている。
☆また月間の出演数は1500人とかなり多い。
☆芸能界への基礎を築ける場所である。
☆随時入学の為のオーディションを実施しているが、一次審査の合格率は高いものの、二次審査以降の合格率は低いとの見解もある。その他ネットでは賛否もいくらでもある。
参考に値するものもあればそうでないものもある。
結局実際にオーディションを受け、その雰囲気などを肌で感じ、応募者も決めるしかないと思う。

☆また特待生制度もあるようで、もし特待生に選ばれたら授業料の一部または全額免除などの特典があるようです。ただし特待生に選ばれるにはかなり難しいのはいうまでもありません。

☆過去所属のタレント
本田望結
本仮屋ユイカ

福田明日香
など
☆現在所属タレント
鈴木福
小林星蘭
谷花音
など

スポンサーリンク

コメント