Sponsored Link
                                                                                                                     

【必読!】高校生が歌手になる道のり4つ&覚えておきたいこと

スポンサーリンク
歌手になるためには
スポンサーリンク

高校生が歌手になる方法

通信制高校に通いながら歌手を目指す!

今の時代、芸能関係を勉強できる通信制高校も増えてきています。
卒業要件を満たせば、全日制高校や定時制高校と同様に高校卒業の資格を得ることができます。
この通信制高校は「毎日通学する必要がない」「学年制ではなく単位制」「留年がない」
という点が全日制や定時制との違いです。

芸能全般(歌手含む)を目指せる通信制高校・サポート校の情報サイト
❶人気の大学・専門学校・通信制高校が満載!【なるには進学サイト】
輝く自分になれる通信制高校を探そう!通信制高校・サポート校の資料を無料一括請求|ズバット通信制高校比較 (zba.jp)

オーディションを受ける

様々なプロダクションやレコード会社がオーディションを開催しています。
随時募集のものから期間限定、あるいは高校生限定などのオーディションを開催する
場合もあります。

過去のオーディションで言うとTV番組の企画として開催された【スター誕生】【ASAYAN】
これらがメジャーなオーディション番組の元祖ではないでしょうか。
とはいえ最近でもNiziUやBe:Firstなどオーディション番組からデビューしたアーティストも多数
活躍しています。
しかし、このようなTV局が絡んだ企画は応募者の数もかなり多い為、合格率は極めて低く
なります。

同様に大手のプロダクションレコード会社のオーディションに合格できる人も稀です。
逆に言うとこのようなオーディションを受けた人のほとんどが落ちている現実があります。

それでは合格しやすいオーディション形式とはどのようなものでしょうか。
それはTVの企画や大手のプロダクション、レコード会社ではなく、まだ出来たばかりのプロダク
ションや設立して数年の新興プロダクションです。

このような会社は会社と一緒に成長していける「金の卵」を血眼になり探しています。
数多くの有名人が所属しているメジャーとは違い、収益性と将来性のある「原石」を見つけ出し
育てることが将来の会社像に直結するからです。

専門学校に通う

今や歌手など芸能全般を目指す専門学校も各地に存在し活況を呈しています。
このような専門学校は2種類に分かれます。
❶プロダクション直営の専門学校
❷それ以外の専門学校

プロダクション直営の専門学校の特徴は、レッスンを経てあるいは社内オーディションに合格し、
そのままそのプロダクションに所属できるメリットがあります。

プロダクション直営ではない一般の専門学校でも一流の講師陣を揃えた学校もあり、そのような
環境で学んでいく中で、業界への紹介やオーディションを経てデビューを目指すことが出来ます!

専門学校に入るメリットとは・・・
・比較的低い年齢から入ることができ、早くから活躍できる可能性がある
・年齢の早い時期から様々な経験をすることができる
・プロダクションやレコード会社と繋がっている
・専門学校内でも定期的にプロダクションやレコード会社向けのオーディションを
 開催しているので、学びながらデビューのチャンスが得ることができる

またこれらの専門学校に入学する方法も2種類あります。
❶オーディションに合格し入学する
❷入学金やレッスン料を支払って入学する

個人で活動する

今は資金力がない個人でも大量にファンを増やせる時代です。
その一番の要因はインターネットの普及があります。
これにより個人でも全国的に宣伝や販売することが可能になりました。
YouTubeなどを使い「自分」を表現し宣伝している人はたくさんいます。

またCDを自主販売したりネット配信サービスを使い、個人で曲を売り出すこともできるように
なりました。
例えばCDを作るにしても、個人の場合原価以外の中間マージンを搾取されないということに
なるので、その分会社に所属して販売してもらうより利益率が良く、収入になるということに
なります。

しかし個人で活動する場合は会社に所属する場合と違い、自分で宣伝活動をして集客しなければ
なりません。
この集客が出来るか否かが歌手に限らずどんなことでも最も重要です。
集客できなければ収入に繋がりません。
あなたは自分の才能(歌、容姿、人間性など)で集客する自信はありますか?

音楽の方向性はどうでしょう。
音楽の方向性は会社に縛られない分自由に活動できます
ですが大衆を対象にしていますので、売れる音楽をしなければ収入に結び付きません。
やっている音楽で売れれば良いですが、売れなければ自主的に軌道修正しなければならないし、
場合によってはあまりやりたくない方向にシフトチェンジしなければならないかも知れません。
独りよがりでは生活はできません。
自分の意に反して売れる音楽を創造し続ける。
そうまでして音楽を歌手を続けられるか?を考えておかなければなりません。

スカウトされる

歌手などの場合も稀に街中でスカウトされることもありますが、普通は路上ライブや
ネットを活用し、それを見た会社側が「売れる」と判断しスカウトすることがあります。
また自主活動でCDを製作したり、ライブを開催したりしてある程度のファンを獲得していた場合、
より会社側へのアピールとなり、個人で売れているなら所属後も売れるだろうと判断され、
スカウトに繋がります。
レコード会社からすればすでに多数のファンを持っていて発信力のあるアーティストは
非常に魅力的です。
このようにスカウトによりデビューする可能性もあります。

プロダクション・事務所・レコード会社に所属するということ

オーディションや通信制高校、専門学校や個人での活動などのルートでプロダクションや事務所
レコード会社にあなたが契約し所属したとします。

会社側も所属した以上デビューに向けて全面的にバックアップしてくれます。
例えば宣伝活動などにも最初は力を入れてくれます。
ライブやコンサートなどのイベント、グッズの宣伝や販売、CDの販売などの活動を通じて
あなたを売り出そうとサポートしてくれます。

しかし契約後売れなければ契約を打ち切られます
また契約してもほとんどの人が歌手として生活できないという現実があります。

音楽の方向性についても自分がやりたい音楽が売れるとは限りません。
会社に所属するということは自分自身が利益を生み出さないといけないということ。
自分のやりたい音楽で利益を出せないと判断されると、事務所から売れる方向に強制的に
方向転換させられるかもしれません。

このように事務所に所属するということは、やりたい事に制限が生まれる可能性が高い
いうことでもあります。

このような現実を知っておかなければなりません。

知っておくべきこと

歌手デビューの理想的な年齢は

プロダクションやレコード会社がアーティストをデビューさせる時に、年齢で見た場合、理想は
16歳から18歳くらいと言われています。
ちょうどこの記事を見てくれている高校生か高校卒業と同時くらいのタイミングですね。
その理由として
・じっくり育てていける
・リスナーと年齢が近い
・大人っぽくも子供っぽくもできる
・人柄や能力が一番成長する年齢である
などが挙げられます。
高校生くらいの年齢で歌手になるのは理想的かもしれません。

親は賛成してくれるか

「歌手になる!」といっても親はなんと言うでしょうか。
人によってはなかなか親の承諾を得られないかもしれませんね。
「収入が不安定」「厳しい世界」「なれっこない」・・・・・
批判的な意見が続出しそうです。
親のいうことは最もですし、わかりづらい業界なので仕方ないですよね。

ですがメジャーやインディーズレーベルと契約する場合、未成年は必ず契約時親の承諾が必要
となります。
そのことを考えると親の説得は不可欠です。
歌手を目指すと同時に、反対している親を説得できますか?
もちろん賛成してくれているなら一番のファンになってくれることでしょう。

悪徳業者に注意

プロダクション・事務所・レコード会社・・・
まともな会社ばかりとは限りません。
中には悪徳業者と言われる会社も存在します。
金銭目的の会社です。このような会社には十分注意が必要です。

こんな会社には注意!!
❶アーティスト契約の契約書がない
❷給料がでない
❸契約するために費用が掛かる
❹未成年なのに親の了承が必要ない

メジャーレコード会社とインディーズの違い

どのルートで進むにしてもまず目指したいのは「メジャーレコード会社」との契約。
おそらく歌手を目指す人のほとんどは有名なアーティストが多数所属している会社との契約を
望むでしょう。
なぜなら以下のようなメリットがあるからです。

❶デビューまでのサポートが手厚い
❷これまでのCDなどの販路を確保しているため全国流通しやすい
❸これまでのTVやラジオなど媒体との関係がある為メディア露出がしやすい

一方インディーズのメリットとは何でしょうか。

❶会社の方向性に縛られず自由な活動ができる
❷楽曲が自分のものになる
❸自分の楽曲を宣伝、集客、配信まで一人で全てできるなら会社に所属するより
 確実に収益は増える

CDが売れない時代、音楽もサブスクなど音楽配信時代になってきています。
またYouTubeなどのSNSを通じて宣伝や集客も可能な時代。

これからは会社に属さず自分で全てをこなし、自分なりの音楽を追求するようなスタイルが増えていくかもしれません。

まとめ

この記事で見てきたように歌手という「山」を登るにもいろいろなルートがあることがわかって
頂いたと思います。
オーディション、スカウト、専門学校、通信制高校、自分だけでの活動・・・
どの選択肢を選ぶかは最終的にあなた自身が選ばなけれななりません。
もちろん親御さんの意見や思いを聞きながら、です。

今置かれている自分や家族の環境によっては選びたくても選べない選択肢もあるかもしれません。

今できる選択肢があるならその環境の中で全力で取り組まなければなりません

一般の業種に比べてもかなり収入面や継続性の点でも難易度の高い業界です。

生半可な憧れだけでは続けられないし食べていけない、これだけ覚えておきましょう。

スポンサーリンク

コメント